2021.02.16   閲覧数:2,318  ブックマーク数:0

イラスト集や3Dモデルを販売できるバーチャル展示即売会 「バーチャルクラフ特区」4/24〜4/25開催

リアル世界とアニメ世界をXR(VR/AR/MR)で融合させるXRクリエイティブスタジオ株式会社Gugenka(代表取締役CEO 三上昌史)は、NTTが提供する、PCVR(HTC VIVEなど)、モバイルVR(Oculus Questなど)、PC(Win/Mac)、スマホ(iOS/Android)など、多くのデバイスに対応したアプリ不要のWebソーシャルVR「DOOR™」で、個人クリエイターが自分の作品を展示・販売できる「バーチャルクラフ特区」を2021年4月24日(土)〜4月25日(日)の二日間で実施することを発表いたしました。

出展者は、バーチャルクラフ特区に展開されたショップの決められたエリア内を自分でコーディネートし、イラスト集や3Dモデルなど自分の制作した商品を展示、販売することができます。




■バーチャルクラフ特区の3つの特徴
1.最短1日!誰でもバーチャルショップをオープン
WebソーシャルVRプラットフォーム「DOOR™」を使って、誰でも簡単にバーチャル空間を制作することができます。

用意されたデフォルト会場の画像とリンクを差し替えるだけでオリジナルのバーチャルショップが作れるため、3DCGやプログラム経験がない方でも最短1日でバーチャルショップを制作することが可能です。
もちろん、自作の3DCGでデフォルト会場をコーディネートすることもできます。
※具体的な仕様は後日ガイドラインを公開します。


2.スマホやOculus Questに対応!アプリも不要!
「DOOR™」でつくられたバーチャルショップは様々なデバイスで入場した相手と、同じ空間でコミュニケーションを楽しめます。
Webサイトと同じようにリンクをクリックするだけで入場できるため、アプリのインストールの必要もありません。

<主な対応デバイス>
・PCVR(HTC VIVE/Oculus Riftなど)
・スタンドアローンVR(Oculus Questなど)
・PC(Windows/Mac)
・スマートフォン(iOS/Android)


3.無料VR制作講習会「つくろう!かんたんVR」開催
AR、VR、MRを含むXR市場の需要が高まるなか、Webデザイナー、DTPデザイナーなど、XRクリエイター以外の方もご参加いただけるよう、「DOOR™」での制作手順を解説する講習会も開催し、展示即売会「バーチャルクラフ特区」をとおして、多くのクリエイターに制作から販売までご体験いただけます。
3DCGアーティストなど、XRクリエイターにとっても、WebVRの可能性や利用方法を知っていただける内容となっています。

<司会>
エピト(VRChat公式ショッピングモールXWorldの支配人)

<ゲスト>※五十音順
おきゅたんbot(VRガイド、公式VIVEアンバサダー。アルテマ音楽祭、NHK、幕張FAVRIC出演)
オレンジ(VR撮影ツールなど作成するプログラマ&クリエイター)
zen(256fesの主催や「ワニでもできる!モデリング」をYouTubeで配信)
タナベ(VRChatを中心に活躍するクリエイター。NHKなど出演)
リーチャ隊長(VR漫画を描くバーチャル探検家)

▼「つくろう!かんたんVR」の応募はこちら
開催日時:2021年2月27日(土)21:00〜22:30予定(入場20:00〜)
参加費:無料
会場:DOOR™ ※ご応募いただいた方に入場方法をご案内します
参加申込URL:https://www.gugenka.net/make-vr
参加申込締切:2021年2月23日(火)24:00



■DOOR™とは
新型コロナウイルス感染拡大以降、テレワークや遠隔授業などwithコロナの新たな生活様式が急速に広がりを見せる一方、ソーシャルディスタンス確保と、経済活動の活性化を両立させるリモートワールドの実現が求められています。
こうした状況を踏まえて、NTTがめざす世界観や社会的課題への貢献について、驚きや感動とともに共感してもらえるような手法で伝えていくことを目的に、3D空間型オウンドメディア「DOOR™」を新たに開設します。情報通信に関する役立つ情報、NTTのR&D、XR系サービスの最新情報等を発信していきます。また、多くの方に「DOOR™」で自由に参加、発信、創造を体感いただきながら、3D空間上の相互交流の場となることをめざします。
※「DOOR」はNTTの商標です。
公式サイト:https://door.ntt/



■Gugenkaとは
XR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリやサービスを提供するXRクリエイティブスタジオ。
東雲めぐを始めとしたVR上で活躍するクリエイターのプロデュースや、デジタルフィギュアのビューワーアプリ「HoloModels™(ホロモデル)」といった、アニメやキャラクターに関連するアプリ開発を行っています。
【公式ページ】https://gugenka.jp/
・代表取締役CEO:三上 昌史(Mikami Masafumi)
・海外統括 COO:キラ プーン(Kiral Poon)
・問い合わせ:https://gugenka.jp/inquiry/(受付時間:平日9:00〜18:00)