2014.11.05   閲覧数:4,853  ブックマーク数:1

今代司酒造がアメリカ最大級の鑑評会で金賞受賞

今代司酒造株式会社(代表取締役社長 田中洋介/新潟市中央区鏡が岡1−1)は本年、
アメリカ・ロサンゼルスで開催された「Los Angeles International Wine Competition 2014」にて、
同社の「今代司 天然水仕込み純米酒」がGold Medal(金賞)を受賞したことをお知らせいたします。

「Los Angeles International Wine Competition(ロサンゼルス国際ワイン鑑評会)」は、
今年で75周年を迎えたアメリカ国内屈指のワイン鑑評会で、
マスターソムリエでもあるマイケル・ジョーダン氏を名誉審査委員長として今年も審査が行われました。
同鑑評会はアメリカ国内で盛り上がる日本酒人気を受け5年前より日本酒部門を設けており、
今代司酒造株式会社は本年初めて出品し、金賞を獲得いたしました。

そこで今代司酒造株式会社では、2014年11月4日から11月18日まで、
金賞の受賞を記念した御礼キャンペーンを実施いたします。
今代司酒造公式フェイスブックページ上のキャンペーンに応募してくださった方の中から抽選で1名様に、
「今代司 天然水仕込み純米酒」1年分を贈呈する内容となっております(詳細は今代司酒造公式フェイスブックページにて)。



今代司酒造株式会社 代表取締役社長 田中洋介 コメント
「多くの鑑評会では減点方式が採点されるが、同賞はイルミネーション(輝き:商品の良い点を見出す)に重点を置いているのが特徴。
そうした鑑評会において金賞をいただけたことは、お米の旨味を引き出した個性ある今代司のお酒が評価されたこととなり、たいへんありがたいと思う。
今代司酒造は本年から輸出に取り組み、すでに香港、シンガポール、イギリス、ドイツへの輸出が始まっているが、そのような年に評価されたことは自信にもなる」