2018.01.25   閲覧数:136  ブックマーク数:1

『新潟お茶フェスティバル』 - 新潟で初開催 * 県内のお茶とお茶請けが集結 *

新潟は自然にあふれ、農産物も豊かです。それらの恵みが「お茶」というかたちになって、地域で愛飲されながら独自の文化や風習を育んできました。

江戸時代には茶道が奨励された藩もあり、美味しいお茶菓子も発達しました。北限の茶処として有名な村上では、明治時代に紅茶を生産して海外に輸出した歴史もあります。

お茶菓子のみならず、農業者が仕事の合間に飲むお茶のおともは漬物でした。お茶とともに茶器も発達し、様々な伝統工芸に足跡を残しました。

こんなにも豊かな新潟を表現し、文化風習を紹介できる「お茶を主体としたイベント」があってもいいのではないか。

県内外、いや国外にも発信する価値がある。

また、対岸諸国に面した新潟には領事館や留学生も多く、2019年は新潟港開港150周年となる。国境を超えて、みんなで故郷のお茶を自慢をしたらどうだろう。

そんな思いからお茶を愛する有志が立ち上がりました。ぜひご一緒に「お茶」で新潟を盛り上げていきませんか。皆様のご参加をお待ちしています。

■日程
2018年2月3日(土)4日(日)10時30分-17時
※スケジュールの詳細はFacebookやブログで随時更新
Facebook https://www.facebook.com/events/508910222802837/
ブログ https://chafes.goat.me/

■会場
新潟日報メディアシップ1階 みなと広場+スタジオ

■入場料無料
※ただし、試飲試食は専用チケットを受付で購入
10枚綴り500円 1杯(皿)に1枚使用

■ブース出展:お茶、お茶菓子、漬け物、器の販売・試飲試食
<お茶>
株式会社越後薬草/越後よもぎ茶(上越市)、英国紅茶サロン メイフェア/特製スパイスティー・クッキー(新潟市)、越後雪室屋 正香園/雪室銘茶(糸魚川市)イチカラ畑/雪どけそば茶(小千谷市)、中国レストラン家寳/新潟花茶・新潟菊茶・家寳の豆菓子(新潟市)、CuRA!/無農薬・無肥料ハーブティー(新潟市)、チャレンジド立野/佐渡番茶・米粉クッキー(佐渡市)、冨士美園/村上茶・雪国紅茶(村上市)、Brillian/さどのめぐみっ茶(佐渡市)、ふるさと福島/桑の葉茶・決闘茶(胎内市)、連翹研究会/れんぎょう茶(新発田市)/特定非営利活動法人une/くろもじ茶(長岡市)
<お菓子・漬物・器>
阿賀野屋/お菓子など(阿賀野市)、登録商標 庵地焼 旗野窯/民芸陶器(阿賀野市)、今成漬物店/山家漬・錦糸漬・クリームチーズ漬(六日町)、美豆伎庵 金巻屋/和菓子(新潟市)、久遠チョコレート新潟/チョコ・キクイモ茶(新潟市)、近藤清四郎農園/すぴなっちぼうやのほうれん草スィーツ(新潟市)

■世界のお茶を知る「ミニ講座」
アフリカパン・ナミテテ(新潟市)代表 工藤知子さん…アフリカお茶紹介/インド料理店ナタラジャ(新潟市)オーナー 村山敏子さん…インドお茶紹介/新潟大学留学生…韓国・中国・トルコのお茶紹介

■コラボ
●イタリアンレストラン パッショーネ(新潟市)
 1Fイベント会場…イートインコーナーの運営サポート
 4Fレストランにおいて…
 お茶フェスオリジナルランチやカフェメニューの提供
●hickory03travelers提供
 明治屋ゆかり店の「浮き星」を飲もう!

■スペシャル
●○△□(まるさんかくしかく)/茶道ユニット(新潟市)
2月4日10時30分〜15時(お菓子がなくなり次第終了)
※久須美酒造敷地内に湧く新潟県の名水「酒屋の清水」を特別にご提供いただいてお茶を点てます
※抹茶+お菓子で500円
●ユニトライク/次亜塩素酸水(G-mist)による会場内の衛生消毒(新潟市)

■後援など
●新潟市
●新潟文化・スポーツコミッション
●この事業は公益財団法人新潟市国際交流協会の市民国際活動促進補事業より助成を受けています。